換気扇の掃除は部屋の空気を綺麗に出来る【設備キュッキュ綺麗】

防音対策で快適ライフ自宅で楽器練習を

お年寄りに優しい設備

手すりの設置は費用が出る事もある

日本は年々高齢化社会となっており、体が不自由と認定される要介護者が増えているため、病院や役所など公的機関だけではなく、民間の企業でもお年寄りが負担なく利用できる施設環境を整えるのが必須となっています。 最近は自宅でも転倒防止のための手すりやスロープなどを設置する家庭も増えておりますが、費用を全額負担しなくても設置できる事があります。 同居する家族の中に要介護認定を受けた高齢者がいる場合には、手すりなどの設置をする場合自治体に申請すると一割負担ですみ、費用をほとんどかける事なく安全な住宅改修ができます。 介護保険の住宅改修制度と言って、支給対象限度は20万円で、購入額の9割を負担してくれる便利な制度です。

歩行が不安になったら介護申請

高齢になるとどうしても体に様々な部分に障害などが出てくるため、歩行が大変だと思ったり、転びやすいと自覚が出た場合は手すりやスロープの設置をする前にお住まいの自治体に連絡して介護申請を受けたい旨を伝える事が大事です。 ご本人の場合は体の不自由な部分があっても気づかなかったり、我慢してしまう場合も多いため、ご家族の方が注意深く観察しておかしいと感じたら介護申請を考える事も必要です。 すでに介護申請が通り要介護者となっている方が手すりなどの設置を考えた場合は、担当のケアマネージャーに連絡し手すりやスロープの設置を希望している事を伝えるとスムーズに自治体へ負担額の書類申請などもやってくれるためおすすめです。

Copyright © 2015 換気扇の掃除は部屋の空気を綺麗に出来る【設備キュッキュ綺麗】 All Rights Reserved.